リンボウ先生の1ファンのブログ

作家 林望先生の1ファンのブログです。ファンの方と情報交換ができればと思います。

『kotoba 』2018年夏号

kotoba 』2018年夏号の特集は「日記を読む、日記を書く。」で、先生が「日記と日本人」というタイトルでintroductionを書いています。

土佐日記』、『紫式部日記』、『明月記』から漱石や子規、小泉信三の日記までを取り上げて、単なる事実の記録ではなく、歌物語や随筆などとの境界も判然としない日本の日記文学の世界を8ページにわたって解説した力作で、読み応えのあるものとなっています。

kotoba(コトバ) 2018年 夏号

kotoba(コトバ) 2018年 夏号

文庫版 『謹訳 源氏物語 改訂新修」第6巻発売

歌曲の公演や能の解説など、先生はいろいろと活躍されていますが、日程が合わず全く参加できない事態が続いていてフラストレーションを溜め込んでいます。

 

写真日記は更新されています。教え子さんたちの同窓会はとても楽しそうです。高校卒業から40年とは、教え子さんたちは私と同い年ということになるのかしら。

 

祥伝社文庫の『謹訳 源氏物語  改訂新修』は折り返して第6巻が発売されています。入手したら安心してしまい、なかなか読み進められません。

 

 

 

 

 

 

待望の新刊💞『大根の底ぢから!』など

年度替わりの忙しさにしばらくご無沙汰してしまいました。

 

その間に先生は、帯状疱疹などの体調不良もありながら「悲歌集」の再演など、様々に活躍、『謹訳源氏物語』の文庫版も第五巻になりました。『家庭画報』には美術のコーナーにコラムも掲載されています。

 

そんな中で今日は、エッセイの新刊を紹介します。

『大根の底ぢから!』 フィルムアート社  本体価格1800

 

5年に渡る『味覚春秋』の連載を中心に食に関するエッセイが全61編。

挿絵も先生の筆によるもの。

 

食材について、料理法について、さまざまな視点で切り取られた、独特の口調で語られる作品は、日頃から包丁を握り、また仕事で各地を馳け廻る先生の本領発揮、楽しく気軽に読めます。私は、一気に読みましたが、やはり先生のこういう作品が好きだなと再認識しました。

 

現在、フィルムアート社の下記のサイトで1編全文が公開されています。

試し読みをされては如何でしょう。

 

www.kaminotane.com

 

ラジオ放送

直前になりましたが、ラジオ放送があります。

昨年初演された歌曲についての番組のようです。

 

30分番組かと思いますが、オフィシャルサイトの情報を転記します。

 

2018年2月4日(日)0:00am~1:00am MUSICBIRD THE AUDIO
2018年2月4日(日)4:30am~5:00am TOKYO FM
2018年2月4日(日)4:00am~5:00am K-MIX(FM静岡)

コンサート報告

もたもたしているうちに、あっと言う間に新年になってしまいました。

 

この間にも『謹訳源氏物語』の文庫版も既に第四巻まで発売されていますし、『サライ』の連載も続いています。

 

そんな中で、11月29日に紀尾井町サロンホールで行われたコンサートの様子が紹介されました。

 

コンサートの様子とインタビューの動画もあって見応えがあります。下にリンクを貼りました。

 

リンボウ先生 日本とイギリスの旅情を歌う|エンタメ!|NIKKEI STYLE

『文學界』など

読書の秋ですね。

ファンのサイトですので,林望先生のことは,単に「先生」と書いていきます。

 

まずは,少し遅くなりましたが,この秋発売の雑誌の話から始めようと思います。

『俳壇』,『サライ』等の連載が続いていますが,今回は『文學界10月号』と『kotoba秋号』を紹介します。

 

文學界』は「死ぬまでに絶対読みたい大長編」という特集で,先生は『源氏物語』について,"「幻」に凝(こご)る想い”というタイトルで5ページの記事を書かれています。『謹訳源氏物語』からの発展ですね。

 

『kotoba』には「わが理想の本棚」という特集の「私が選んだ10冊」というコーナーで「ボール表紙本で見つけた明治時代の啓蒙書」という記事が掲載されています。これはちょっと目新しいお話だと思います。

 

 

文學界2017年10月号

文學界2017年10月号

 

 

 

kotoba(コトバ)2017年秋号

kotoba(コトバ)2017年秋号